熊本 アルバイト看護師

職場では看護師と介護士の関係は良好ですか?

看護師と介護福祉士では役割が違うので、お互い、リスペクトし合いながら、意見交換をしたり、お互いの仕事でフォローし合える場合はフォローしているので、良好です。私は介護施設で働いているのですが、夜勤になったとき、看護師1人、介護士5人の計6人で100人の入所者様を見ています。生活のサポートのプロである介護士さんの動きから学ぶことはたくさんあります。介護士さんが入所されている方の一番身近な存在になりますので、介護士さんからの小さな変化、異変などの情報はとても大事です。ご利用者様がより良い生活を送ることが出来るよう、最善を尽くしていくためにも、医療面のサポート、生活面のサポート、両方がうまく連携していくことがとても大事だと思います。医療の知識があるということで、少し自分を高い位置に置いてしまう看護師も中にはいたり、看護師の仕事を介護士が代わりにすることは出来ませんが、介護士の仕事を看護師がすることは出来るんですよね。そうすると、こんなことをするために働いているんじゃない、と思う看護師もいるみたいです。そういう気持ちでは良いケアを提供出来ないですよね。ご利用者様にとって一番大事な体調管理を任されているのは看護師です。なので、看護師はより高い緊張の中で仕事をしていることは事実なので、介護士さんとうまく連携していくことは、自分が安心して仕事をしていくことにつながるんですよね。信頼関係を築くためには、お互いの仕事への理解と協力、コミュニケーションをうまくとっていくことが不可欠なので、出来るだけ多く声を掛け合うようにしていますし、長期休みを取った時などは職場にお土産を買っていったりして、円滑なムードを作るようにしています。