熊本 アルバイト看護師

シングルマザー看護師の可能な働き方は?

看護師の仕事は24時間365日必要とされる仕事なので、夜勤は必須になりますから、子育て中のどの看護師にとっても夜勤をどう乗り切りか、というのは課題ですし、特にシングルマザーにとっては家庭に頼れる大人が自分一人なので、夜間時、子どもをどうするか、ということは大きな問題ですよね。

 

子どもの年齢にもよるみたいですが、24時間対応の保育園のある病院であれば、夜勤も大きな心配なく働けるようです。

 

特に乳児の間は、お母さんが必ずというよりもお世話をしてくれる人がいれば大丈夫なので、お母さんとしてもすぐ近くに預けているので、何かあればすぐに行けるし、安心して働けるようです。

 

小さい頃からそういう生活の繰り返しだと、幼児の時期になっても、それほど嫌がらず、当たり前のことだから、という感じで、夜間、親と離れて過ごすことには慣れていくようです。夜寝てしまえば、あとは朝が来るだけですしね。

 

でも、本当は子どもと一緒に寝起きしたい思いがあると思うんです。

 

夜勤明けは2日間お休みみたいな感じになるので、それはそれでまた子どもとゆっくり出来る時間はあるので、そこでカバーという感じです。

 

生活にかかる費用も人それぞれで、私の友達は実家にいながらのシングルマザーなので、家賃がかからない分、少し気持ちが楽みたいです。

 

基本、病院の保育園を利用して夜勤も乗り切っているみたいですが、病気の時は、ご実家にお願いして、夜勤に行くみたいです。

 

子どもも心細いとは思うんだけど、夜勤手当はやっぱり外せないから、よっぽどの病気でない限りは親に頼んでいるんだ、ということでした。

 

看護師求人情報サービスなど利用していろいろな情報を得るのも一つですし、働いている病院にもシングルマザーの方って、意外といらっしゃると思うんですよね。

 

その方にどんなふうに生活をまわしているか話が聞けると参考にもなるし、自分より先にその道を歩いている人がいることは励みなりますよね。