熊本 アルバイト看護師

赤ちゃんのベビーベッドに挟まる事故について。赤ちゃんはちょっとした隙間でも頭が挟まってしまいますよ!

赤ちゃんが産まれると、ベビーベッドに寝かせている家庭は多いですよね。

 

普通の大人が使うベッドでは、転落する心配があります。

 

ベッドからの転落によって怪我をしては大変ですから、安全なベビーベッドを用意するんですよね。

 

しかし、ベビーベッドが絶対に安全かと言えば、そうではないのです(・_・;

 

ベビーベッドの柵に挟まる事故や、ベビーベッドの柵に首を引っ掛け窒息するような事故が起きています。

 

赤ちゃんがハイハイをしたり、掴まり立ちをするようになると、そういったリスクが高くなるんですよね(;´Д`A

 

子供が動けるようになると、じっとしていないから、抱っこやおんぶで家事をこなすのも大変です。

 

家事の合間など、危なくないようにとベビーサークル替わりにベビーベッドで遊ばせておいたりすることってありますよね。

 

そんな時に目を離していたら、柵に首が引っかかってしまったり、柵に頭が挟まっていたり…といった事故があるんですよね(;゚Д゚艸)

 

体より頭が大きな赤ちゃんは、柵の隙間から体が落ちても頭が引っかかってしまうんです。

 

また、ハイハイをしている子供は頭が狭い隙間にはまってしまうと抜け出す事が出来ず動けなくなることもあります。

 

大人が入れない隙間に入ってしまうと本当に危ないですよね。

 

子供って、本当に予想のつかない行動を取りますよね…>_<

 

うちの子供は、まだ歩くことも出来ないうちに、棚から窓のヘリにつたっていって登っていたことがありました。

 

窓の鍵が閉まっていたから良かったものの、万が一窓が開いていたら…って思うとゾッとします( ;´Д`)

 

ベビーベッドの柵による窒息や、ベッドや窓からの転落などによって、怪我や死亡など危険が沢山あります。

 

大切な我が子を守るためにも目が離せませんね(;´Д`A